ロイヤルバザールな日々

エキゾチックなペルシャのインテリア雑貨やアクセサリーを揃えたセレクト・ショップ「ロイヤルバザール」の店長の日記です。                  一杯のチャイとともにごゆっくりご覧ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日本でもイランでもここのところ大きな地震が多発しています。

被害に遭われた方々には心からお見舞いを申し上げます。

16日にイラン南東部で起こった地震は、マグニチュード7・8という大きさでした。

しかし、地震のあったシスタン・バルチェスタン州という地域では、多くの遊牧民がテントで生活をしていて、テントが倒れただけだったので死者が出なかったんだそうです。
テントの木の棒が手や足にぶつかって骨折して怪我した人が27人だったとか。

大きな建物がない昔ながらの生活をしていたおかげで被害が少なかったのですね~。


テントといっても、遊牧民のテントはかなりしっかりとしていてほとんど“家”なんですよ。

日本で見るアウトドア用のものとか、難民の多い地域の映像で見るような簡易的なテントとはわけが違います。

P1010998m.jpg

つい最近、イラン遊牧民のテントを建ててイベントをしたときの写真です。


かなり広いでしょう?


P1010993m.jpg

こちらのテント、実際イランの遊牧民が使っていたものを買って日本に持ってきたものです。

しっかりとした丸太で支柱を作り、それにヤギの毛で編んだ丈夫な茶色の布をかぶせます。

イベント用なので外から見えるようにしましたが、布をもっとかぶせれば風雨も防げるんですよね。

実際イベント中もわりと強い春風が吹いていましたが、テントは倒れたりしませんでした。


P1010989m.jpg


単純な構造のわりにしっかりとしていて、味があって、もの珍しくて、大好評でした!


P1011000m.jpg


さすがにペルシャの絨毯たちとはベストマッチ!


P1010992m.jpg





















P1010997m.jpg

























アンティークとペルシャの遊牧民のテントと絨毯と。

もしかしたらこのテント、日本に建てたのは歴史上初めてだったりして…??




http://royalbazar.co.jp/







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://royalbazar.blog41.fc2.com/tb.php/209-c9f23251

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。