ロイヤルバザールな日々

エキゾチックなペルシャのインテリア雑貨やアクセサリーを揃えたセレクト・ショップ「ロイヤルバザール」の店長の日記です。                  一杯のチャイとともにごゆっくりご覧ください。

8月初旬の東北はまつりの季節。

秋田市では「竿燈まつり」が4日間にわたって執り行われました。


会場の山王大通りの終点は、ロイヤルバザール千秋矢留町のほど近く。

開催が近づくと、竿燈を持った人々がお店の前の道路を練り歩いたり、
太鼓の音が聴こえてきたりして、
思わずムズムズして観に行ってしまいます。

通りは混雑しているので、食べ物の屋台が並ぶ産業会館跡地から眺めました。

[広告] VPS



音が録りたかったのですが、デジカメではあまり入らなくて残念です。

竿燈は、大通りを埋め尽くす提灯の明かりが非常に目に美しいのですが、
実は私は音が好きです!

子供の頃に戻るのです。
耳の記憶はきっと特殊なのでしょう…

笛の音はノスタルジックで、
太鼓の音はお祭りの盛り立て役なのに、なぜか気持ちが落ち着く。

喧噪や、歓声や、どっこいしょーどっこいしょーの掛け声。
(掛け声はビデオの最後のほうに入ってますね♪)

ああ、夏だな、ってしみじみ思います。


IMGP9702.jpg



クリックしていただければ幸いです♪
  ↓↓↓                 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


















スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://royalbazar.blog41.fc2.com/tb.php/170-18b51563